前机と台灯籠が本堂に戻ってきました

修繕のため今年1月から預けていた本堂中央の前机と、前机上で一対となっている台灯籠が長い期間を経て観泉院本堂に戻ってきました。どちらも大昔から観泉院本堂にある歴史的価値のあるものなのですが、色落ち、ロウ汚れ、欠損などにより、本来の姿からかなり劣化が進んでいました。そのため、今回思い切って全面的に修繕を行うこととなりました。その結果、前机も台灯籠も、新調したのかと思うほど素晴らしい姿となりました。本堂にお参りにお越しの際にはぜひ、きれいになった姿をご覧いただきたいと思います。



タグ:

注目記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索