寺院概要

観泉院は吉祥山と号し、曹洞宗通幻派、群馬県渋川市の雙林寺末です。

妻有百三十三番霊場の二十八番札所に指定されています。

弘治2年(1556)雙林寺の第九世呑與により開山されました。

 

享保13年(1728)に火災により経堂を残し焼失しましたが、享保19年(1734)に本堂が、明和4年(1767)に現在の山門が再建されました。

山門は、江戸時代中期に建てられた寺院建築の遺構として貴重なことから平成7年(1995)に十日町市指定有形文化財となりました。

十日町 土市 吉祥山 観泉院
十日町 土市 吉祥山 観泉院
十日町 土市 吉祥山 観泉院
十日町 土市 吉祥山 観泉院
十日町 土市 吉祥山 観泉院